リモートワークが楽しくなる「倉敷帆布トートバッグ」

\はじめましてユウボク東京スタッフです/



コロナ渦でリモートワークが普及し、オフィスや自宅、コワーキングスペース、カフェなどでも仕事をすることが増えていないでしょうか。

 

ちょっと気になったので調べてみたところ、東京都の調査では週3回以上リモートワークされている方は60%以上いらっしゃるようです。


緊急事態宣言が出ているときはそのくらいかな?と思っていましたが、引き続き多くの方がリモートワークされているんですね。

引用参考:東京都 テレワーク実施率調査結果をお知らせします!

 

という私も普段は自宅やコワーキングスペース、カフェなどでリモートワークをしている一人です。

この日はコワーキングスペースで仕事でした。後ろ姿から失礼します…

仕事に必要なものはたくさんありますが、最低限PCバッグに入れておきたいものは…


ノートパソコン、マウス、イヤホン、ノート、ペン…(入ればPC電源も)

 

私はこのくらいをまとめて保管しておきたい派です。

これらをまとめておけば、次の日の仕事や外にパソコンを持って出かけるときもサッと行動が移せてスムーズですよね。

 

ということで

今回は「ノートパソコンが入ってオン・オフ兼用できるトートバッグがほしい!」


そんな願いが叶う「美観堂 倉敷帆布トートバッグ」をご紹介します。

 

 

 

まずメーカーさんからサンプルが届いた瞬間にかわいい!と思わず口に出てしまったくらい。

と言っても、しっかりとした作りの「倉敷帆布」なので、ナチュラルの中にかわいさがある感じなんです。

 

「倉敷帆布トートバッグ」を作っているのは?

 「岡山・倉敷のほんとうにいいものを」をコンセプトに、岡山県倉敷の美観地区でお店をやっている『美観堂』さん。

 

美観堂さんから販売されたのが、こちらの「美観堂 倉敷帆布トートバッグ」です。

 

 

倉敷帆布とは?

織物を織る時に元になる糸を撚り合せるところから、帆布が出来上がるまで、その全てを一貫して生産することにこだわって作られています。

生地を織る際に使用するのは、今では生産が行われていない1960年代の「シャトル織機(しょっき)」。

時間をかけて丁寧に織ることで、耐久性はもちろんのこと、表面に凹凸感を備えた『倉敷帆布』ならではの温かみが生まれます。

引用参考:美観堂 倉敷帆布トートバッグ

 

使い勝手は?

実際にトートバッグを数日使わせていただいた感想をいくつかまとめました。

 

  • バッグの取っ手が適度に長くて持ちやすい。

長すぎず短すぎずちょうどいいんです。肩にかけることはできませんが、取っ手部分がしっかりしているのでノートパソコンやその周辺器具を持ち歩くのも苦になりません。

 

  •  PCを入れてもクッションがついているので安心

完全に衝撃を防ぐわけではありませんがバッグの内側にはクッションがついているので安心です。

 

  • 大きめな外ポケットが便利

内側にポケットはないのですが、外側についているのポケットが便利です。ペンやイヤホン細かいものを入れたり、高さ23cm×横幅19cmと大きめポケットなのでノートを入れるのに便利です。

 

  •  シンプルなデザインだからオンオフどちらでも使える。

 PCを入れていても「いかにも」というデザインではないので、普段使いもできます。通勤などはもちろん、幅広い使い方ができます。

 

 製品仕様はこちら

●素材
倉敷帆布

●サイズ
本体:高さ35cm×横幅30cm×マチ3cm
持ち手:長さ25cm(口から)×巾2.5cm
ポケット:高さ23cm×横幅19cm

●カラー
ベージュ、サーモンピンク、スカイブルー

 

いかがだったでしょうか。

 

PCクッションや大きめポケットでリモートワークが楽しくなる

「倉敷帆布トートバッグ」のご紹介でした。

興味がある方はぜひ商品ページも見てくださいね。

 

▼ご購入はこちら▼